ソープの講習ってどんなもの?必要なのか?

仕事内容

「ソープランドで働いてみたいけれど講習もあるって聞くし、どんな内容なのかとても不安で気になる」
と思われて、ソープで働くことを躊躇されているそんなあなた。

講習と聞くと「本番をしなきゃいけないの?」と思われますが、ソープランドの講習でそんなことはありません。
極めて健全な講習を受けさせてくれるのが大手のソープランドです。
結論から言いますと、「ソープランドの講習は必ずいる物で本番強要などの物ではない」ということです。

風俗業界の王様と呼ばれるソープで働くには「それなりのテクニック」は必須です。
それを学ぶためにも必ず講習は受けましょう。
では、講習を受けるにあたりどんなところに気を遣えばいいのでしょうか?

ソープランドで稼ぐにはテクニックは必須

ソープランドでは「稼ぐためにテクニックは必須」であると言えます。
ソープランドのサービスの流れをざっと見ていくと、
「お客様との雑談」
「お客様との入浴(スケベ椅子の使用)」
「お客様をマッサージ」
「お客様とマットプレイ」
「お客様と本番でフィニッシュ」の流れです。
この中で入浴中に如何にお客様を気持ちよくさせるか?
マットプレイでどんな事をすればお客様は気持ち良くなるのか?

スケベ椅子はどうやって使えばいいのか?
どんなマッサージがお客様に喜ばれるのか?
お客様はソープ嬢のどんなところを見ているのか?
などのテクニックは確実に必要になって来るのがソープランド。

デリヘルやホテヘルのように「ちょっとだけやったら稼げた」というような甘い物ではありません。
ただし、その分お客様も大金を払ってプレイを楽しみに来てくださっているので「一人のお客様から多くのお金を稼ぐこと」が可能になります。
そして、もしあなたがお客様から気に入って頂ければ間違いなくお客様はあなたのことを指名し続けてくれるでしょう。
デリヘルやホテヘルよりもより濃密な関係を築きやすいのが風俗界の王様「ソープランド」の魅力なのです。

ソープで働く限りテクニックを覚えることは必須となります。

ソープで働く上で講習を受けなければ仕事にならない

ソープで働く上で講習を受けなければ仕事にはなりません。
というのも「ソープ嬢にしか分からない独特な物」が多いからです。

例えば、「マットプレイ」ですが、通常の生活でマットを使ってプレイすることは間違いなくないでしょう。
初心者の女性には「マットってどうやったら気持ちよく使えるの?」
「お客様はどうすれば喜んでくれるの?」これを知らなければ全く仕事にならないでしょう。
マットプレイを覚えるにはソープで嬢として働いた人にしか分からない多くのポイントがあります。
素人が初めてプレイして楽しめる物ではありません。
そしてソープランド特有の「スケベ椅子」。

股間のところが空洞になった椅子ですが、こちらも男性を気持ちよく綺麗にさせるためのものです。
使い方を知らなければ全く仕事になりませんし、男性のお客様を満足させることは出来ないと言えるでしょう。
「でもデリヘルやホテヘルはどうなの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、デリヘルやホテヘルを使われるお客様は実は「素人っぽい女の子」を求めて来店されています。

つまり、「逆にあまり慣れていない方がお客様は喜ぶ」ということです。
しかし風俗界の王様「ソープランド」ではそうはいきません。
来られるお客様はそれなりに大金を払われて「最高の満足」を求めて来店されています。
そんなお客様にきちんと満足を提供する為にもソープランドで働くための講習は必要不可欠と言えるでしょう。

どんな人が講習を行ってくれるのか?

講習を受ける際に一番気になるのが「誰が講師なのか?」ということ。
基本的には「元ソープ嬢の女性」です。

もしくは先輩のソープ嬢。
アダルトビデオでよくある様な「男性が講師で本番をしちゃった」なんてことはまずあり得ない事です。
先輩ソープ嬢にしか分からない独特なテクニックは講習からでしか学ぶことは出来ません。
また、ソープで求められるのは「プレイの質」だけではなく、「女性の品格」です。

仕草や作法に失礼が無いようにプロのソープ嬢が確実にポイントを教えてくれるのもソープランドの講習の魅力。
お客様は「一流の男」が多くあなたの普段の仕草をよく見ているものです。
タオルのたたみ方、男性が脱いだ洋服の扱い方、履物の揃え方、などなど「女性らしさ」を求めてこられるお客様に満足してもらうための行動が要求されるのがソープランド嬢なのです。

講習で本番強要されることはあるの?

ソープの講習で本番を強要されることはありません。
もし仮に本番を強要してくるのであればきっと相手は
「その店の店長」
「その店のオーナー」
「その店の男性スタッフ」でしょうが、もしそんな方たちから本番を強要されるのであればそのお店で働くことはやめておいた方が無難

お店のスタッフと肉体関係を持っていると今後そのお店で働くことが辛くなる事にも繋がりかねません。
もし男性の方々から本番強要があった場合は別のソープランドを探しましょう。
また、講師の女性ソープ嬢が「ペニスバンド」を付けて実際に挿入しながら講習をすることも無いので安心しましょう。
あくまで「ソープで必要なテクニック」と「女性らしい身の処し方」を講義してくれるだけです。

ソープの講習の内容ってどんなもの?

ソープの講習では実際にどんなことを教えてくれるのでしょうか?
まずは「お風呂に入ってどんなプレイをするのか?」。

泡の作り方やパイズリの仕方、フェラチオの仕方や男性の体の洗い方、イチモツのチェックポイントなどを細かく教えてもらえます。
ソープを経験した嬢でない限り分からないポイントが多くあるのでメモを取りながら学んでいく受講生も多いです。
さらにはソープでしかお目に掛かれない「マットプレイの仕方」を教えてくれます。
マットプレイではローションを沢山使ってお客様と自分の体が傷つかないようにしていかなければいけませんがその具体的な方法を教えてくれます。

これこそ「ソープ嬢にしか分からないコツ」がふんだんに学ぶことが出来ます。
かなり足の筋肉も必要になるので良く聞いておかなければお客様を満足させることは出来ません。
そしてスケベ椅子の使い方やお客様の体を気持ちよくさせる洗い方などです。
また、本番の為に「コンドームの着用」がありますが、これもソープ嬢が行う事。

基本は「嬢が口で装着して本番に臨む」のが一般的です。
本番が終わったらどうやってコンドームは外すのか?
まで丁寧に教えてくれるのがソープランドの講習になっています。
男性のスタッフには分からない事ばかりなのでいきなり男性のスタッフが「講習と称して本番強要」を行ってきたら間違いなくおかしい店なのでこちらから辞退をすることをおすすめします。

このように専門的な知識を教えてくれるのがソープランドの講習になるのです。

ソープで稼ぐには講習は必須の物だった!

ソープで稼ぐには「そのお店でどれだけ沢山のお客様に気に入って頂けるか?」が一番大切です。

そのためには正しいテクニックを身に着けるための講習は間違いなく必要となるでしょう。
決してソープの講習と言うのはいやらしいものではありません。
お客様にどうすればもっと気持ちよくなって頂けるのかを学ぶための場です。
もし、講習が不安でソープ嬢になれないと思われている方がいらっしゃいましたら安心して講習を受けて見られることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました