岐阜のソープ街金津園で働く!

仕事内容

西日本で有名なソープ街の1つに「岐阜県の金津園」があります。
西日本では最大級のソープ街とも呼ばれているのです。
ちなみに関東で有名なのは吉原。

その吉原にも匹敵するとさえ言われているのが金津園です。
今回はこの「岐阜の金津園」で働くことがどうしておすすめなのかを記事にしてまとめていきたいと思います。
初心者の風俗嬢でも岐阜の金津園で働くとガッツリ稼げることがよく分かりました!
それでは具体的に書いていきます。

金津園とはどんな場所なのか?

金津園とはどういった場所なのでしょうか?
最寄りの駅は「岐阜駅」。
しかも、岐阜駅の南口を出てわずか徒歩3分でたどり着ける立地の良さなのです。

住所で言うと「岐阜県岐阜市加納水野町」と言う場所です。
岐阜市の中心街からかなり近いこの立地は「金津園」で働く風俗初心者の女性にかなりプラスになるでしょう。
そもそもなぜこの「岐阜市」にソープ街があるのか?
というと、歴史は約130年前に遡ります。

1888年に岐阜には「金津遊郭」がありました。
明治時代の事ですね。
男性の欲望を満たしてくれる「遊郭」。
その遊郭は太平洋戦争勃発により場所の移転を余儀なくされます。

その後戦時中には「赤線地帯」として使われ、さらに太平洋戦争終戦後、今の場所に移転されたのです。
昔からこの場所には男性の欲求を満たす何か特別な物があったのかもしれませんね。
元々は市街地に立地していた遊郭を軍事政策の為に地方に移転。
戦争の終わりと共に再度市街地に戻ってこれたのが「金津園」の歴史というわけです。

その後、「売春防止法」も施行され、「赤線」と呼ばれた風俗は無くなり、「ソープ街金津園」として今も営業を続けています。
戦争に翻弄され続けてきた歴史あるソープ街。
街の成り立ちは「吉原ソープ街」とほとんど一緒だと言えるでしょう。

そもそもソープランドってどんなことをするの?

ではもっと基本的なことからおさらい。
「ソープランドってなにをするのか?」
と言うところなのですが、簡単に言うと「お客様と本番行為をする場所」です。

ヘルスとは違い「本番」があります。
「来られたお客様と会話」
「お客様と入浴」
「お客様をマッサージ」
「マットプレイで気持ち良くなって」
「本番でフィニッシュ」
という流れが普通のソープランドです。
ちなみにソープランドは「特殊浴場」と呼ばれていて、ただの「お風呂屋さん」。

「本番が出来る風俗店」としては登録されていないのです。
あくまで「お風呂屋さんに遊びに来た男性がそこにいた女の子と個人的な契約で本番をしてしまった」という位置づけ。
現代の日本に「本番が出来る風俗店」というのは認められてはいません。
ただ、「ソープでは本番が出来る」と一般的には認識して頂いてOK。

ちょっと複雑な感じですが、本番が出来るというのが、ソープランドが風俗店の王様だと言われる所以です。

金津園のソープで働くのって安心なの?

「金津園のソープ街で働くのって安心なの?」
というところですが、「歴史もあるソープ街」なので安心です。
金津園には「岐阜特殊浴場防犯組合」という物があり、お店やキャストの事を守ってくれています。
主な活動としては
「防犯」
「社会福祉活動」
「暴力団の排除」
「消防設備の点検」
「水質検査」
「保健所の検査」

「キャストさんの確定申告の手続き」などより金津園で働く女性やスタッフたちが安心できるように取り組んでいます。
小さなソープ街で働いてしまうとこういった福利厚生のような制度がなく、常に不安の中で働かなければいけません。
金津園には古くからの歴史もあり、その場所で永らく営業して来られている方もいらっしゃいます。
初めて「ソープランドなどの風俗店」で働きたいと考えている女性にとっては間違いなく安心して働ける場所だと言えるでしょう。

ちなみにキャストさんの過去の活動実績も見ることが出来るようなので、「金津園でソープ嬢として働いたらどれくらい稼げるの?」というリアルな数字も見ることが出来るのです。

金津園にはどんなお店があるのか?

ソープ街で有名な「金津園」ですが中にはヘルスのお店もあります。

ヘルスとソープの違いは「本番があるか無いか」です。
ヘルスではソープランドのように入浴行為はありません。
「お客様が来店」
「雑談」
「簡単にシャワーを浴びてアソコをきれいにする」
「嬢がお口や手コキでサービス」
「そのままフィニッシュ」
という流れです。

キスや全身を触られるなどはありますが、本番はありません。
本番無しのセックスだと思って下さい。
ちなみに実店舗をもつ「箱ヘル」とお客様のところまで女の子が向かう「デリヘル」と2種類あり、「金津園」にはデリヘルのお店が比較的多いでしょう。
「ソープでいきなり働くのってちょっと勇気がいるな、、」

と考えられる方はまず最初に「ヘルス」で働いてみることをお勧めします。
ただ、もちろん、ヘルスで働くよりもソープで働く方が大きな収入を得ることが出来るでしょう。
具体的に言うと、ヘルスでは「1時間あたりが6000円~8000円程度が相場」。
それに対してソープで働くと「1時間あたりが1万円~2万円程度が相場」といえます。

もちろん、あなたが「どれだけ多くのお客様に指名を頂けるか?」で給料が変わる「歩合制」ですが、頑張れば頑張った分だけ収入が増えるのが風俗店で働く大きなメリットです。
まずはヘルスで風俗界に慣れて、そのあとソープランドでめちゃくちゃ稼いでみてはいかがでしょうか?
1か月間で100万円弱稼がれるソープ嬢もゴロゴロいらっしゃいますよ。

岐阜ってどんな街なの?

「でも、岐阜って言った事も無いし、どんな場所なのかも知りたい、、」
と思われているそこのあなた。
大丈夫、岐阜はとっても住みやすい街です。

とくに有名なのが「グルメ」です。
お肉は「飛騨牛」がとにかく有名。
極上の霜降り肉を鉄板でサッと焼いて頂くと口の中でとろける美味しさ。
その他にも美味しい山菜を使った料理やご当地の「味噌」を使った郷土料理など、美味しいグルメがいっぱいなのが岐阜の特徴です。

さらには、「風俗のお仕事で疲れたら温泉に入れる」のも岐阜の魅力。
「奥飛騨温泉郷」や「下呂温泉」など全国的にも有名な温泉街が沢山あるのが岐阜の特徴です。
ソープランドで働くというのは思っている以上にハードな肉体労働です。
しかも1日に接客をするお客様の数が増えれば増えるほど体力的に苦しくなっていきます。

そんな「激務の風俗嬢」を支えてくれるのが老舗の温泉街だと言えるでしょう。
沢山働いて沢山稼いで沢山美味しい物を食べて沢山いい温泉に入って、風俗で働きながらとにかく楽しめる街が「岐阜」だと言えるでしょう。
全国からの出稼ぎに来たい女性にもとにかくおすすめです!

岐阜のソープ街金津園は風俗初心者でも安心して働ける場所!

というわけで今回は岐阜県のソープ街「金津園」についてまとめてきました。
「金津園」はとにかく立地も良く、福利厚生も比較的整っていて、お客様も多くて稼げて、さらに美味しいものまで食べられる素晴らしい場所です。
もし、「風俗で働いてちょっとは大金を手にしてみたいな、、」
と思われている女性がいらっしゃいましたら岐阜の金津園で働くことはとてもおすすめです。

あなたが頑張った事をとにかくお金にして評価してくれるのが風俗店です。
その風俗店の中の王様、「ソープランド」に興味を持って働きに来てみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました