風俗の祝い金や最低保証は嘘?本当?

詐欺

風俗でお仕事を探しているとよく目にするのが「入店祝い金差し上げます!」とか「お客様が付かなくても最低保証あります!」という誘い文句。
そう、一言で言うと「あなたが売り上げにならなくてもお金をあげちゃいますよ!」という何とも魅力的な誘い文句です。

でも、よく考えてみてください。
それって本当でしょうか?
ちょっと嘘くさくて信じられない事ないでしょうか?
結論から言いますと、「風俗で祝い金や最低保証があるのは本当だけれど、そのお店の提示した条件をクリアする必要がある」ということです。

それでは具体的にどんな条件なのか?
祝い金や最低保証はどこまでが本当でどこからが嘘なのかを具体的に書いていきます。

女性が風俗で働く理由

女性はどうして風俗で働くのでしょうか?

それは殆どの場合「お金の為」です。
デリヘルなどの求人を見てみても「1日働いて4万円~6万円程度」は稼げるように書いてあります。
普通のアルバイトをして1日で稼げる金額は多くても「1万円がやっと」というところでしょう。
(アルバイトを掛け持ちで1日中した場合)

確かに「見知らぬ男性との直接的な接触がある風俗での仕事」はそれなりに危険が伴う仕事であなたの体を傷物にしてしまう可能性もないことはありません。
それでも多くの女性はその「超高額な報酬」目当てで風俗の仕事という道を選んでしまうのでしょう。
もっとおかしな言い方をすれば「一度風俗で働くことを知ってしまうと他の仕事が割に合わなくて出来なくなる」ことだってあるのです。
お金を稼ぐという事はそれだけ大変な物で、世の中ではそれだけ「苦労をして」お金を稼がなければ生きてはいけなくなっていると言えるでしょう。

では、より良い条件で風俗で女性が働くにはどんなところをチェックしていけばいいのでしょうか?
それが今回お話しする「祝い金」や「最低保証金」のところです。
祝い金も最低保証金も「より魅力的な風俗求人」と思わせる為の風俗店の思惑が隠されています。
どこまでが本当でどこからが嘘なのでしょうか?

体験入店だけで祝い金が貰えるのは嘘?本当?

風俗店の求人には「体験入店だけで祝い金〇〇円出します!」とかそういった魅力的な誘い文句が付いていることが殆どです。
つまり、「まだ働いてもいないのにいきなりお金をあげちゃいます!」というような内容です。

冷静に考えればかなりおかしなことなのですが、ただ「お金が欲しいため」だけに求人を眺めている女性にとってはかなり魅力的なフレーズに聞こえることは間違いないでしょう。
ただしここには風俗店の書いている内容にある「からくり」が潜んでいるのです。
もちろん、祝い金を出してくれるのは本当でしょう。

祝い金とはどんなもの

そもそも祝い金とはどういったものなのでしょうか?
サラリーマンに置き換えてみると実はそれは「ボーナス」のようなものです。
ボーナスを入社当初から「その日に」支給してくれる企業はまあまずありませんよね?
まだ働いてもいないのにボーナスは出さない。

更に言わせると「初年度」からいきなり高額のボーナスを払う企業はありません。
勤続年数と基本給に応じて加算されていく場合が一般的と言えるでしょう。
ということは、それを風俗店に置き換えてみても同じことです。
「君は〇〇か月も毎日〇〇時間頑張ってくれたからお祝い金として〇〇円あげよう!」となっていくのです。

どれくらいの頻度でどれくらいの出勤時間を勤め上げれば祝い金が出るのかはその風俗店の取り決めで異なりますが、まあ最初から「初日に出勤して祝い金を出す」という風俗店はあまりないでしょう。
祝い金と書くと「お金に敏感になってる女の子を釣りやすい」と考えている風俗店にまんまと騙されているだけです。
ただ、ここで注意していただきたいのは「祝い金は本当に払われる」ということです。
風俗店が提示している条件さえ勤め上げられればあなたには間違いなく祝い金という名目で「ボーナス」が支払われるでしょう。

本当に入店しただけで祝い金が貰えるのか?

本当に「体験入店しただけで祝い金が貰えるのか?」
これは先程書きましたように「すぐに貰える」ことはあり得ないでしょう。

あくまで店側が提示した条件の期間中頑張って勤め上げるしかなさそうです。
あなたが「祝い金がすぐに欲しい」と言ってもそれは難しいです。
なぜならその祝い金は「お店の売上」から出るもの。
あなたが風俗店でしっかり働いて売上を作り続けなければ「体験入店しただけで祝い金を貰う」ということはなかなか無いでしょう。

というわけで「入店祝い金」というものは確かに存在していますし嘘ではなく本当ですが、その祝い金を貰う為にはそれ相応の努力が必要になって来ると言えるでしょう。

その日にお客様が付かなくても最低保証してくれるのは嘘? 本当?

次にあなたが風俗店に仕事として通うとします。

毎日あなたを指名してくれるお客さんがたくさん来ていれば問題ありません。
お店も儲かってあなたも儲かります。
しかし、風俗店で働いているとそういういい日ばかりではありません。
全くお客さんも来ず、あなたを指名してくれる人も来ない日も沢山あるかもしれません。

そんな時に嬉しい制度が「最低保証制度」です。
お店の売上にならない日があってもあなたがそのお店に出勤さえしていれば「最低限のお金はお支払いしますよ」という魅力的な保証制度です。
よく風俗の求人にも書いてありますが、、「〇〇円は最低保証でお出しします!」とかこんな感じ。
どんなに暇な店でも「出勤しただけ」でお金をくれるというので非常に魅力的な求人に感じます。

ここにも風俗店のあるからくりがあるのです。
そもそも「売上にもなっていない」のにどうやってお金を払うのでしょうか?
冷静に考えればおかしな話ですよね。

最低保証とはどんなもの

最低保証とはどんなものでしょうか?
一日そのお店にいれば売上を作れなくても最低限の給料をあげますという制度です。
普通のアルバイトでお店に出勤するとそのお店に居た時間だけは給与を貰うことが出来ます。
しかし、それは「お店が売り上げをきちんと上げているから」です。

風俗店の場合は「あなたが売上を作る人」なのであなたが「暇で仕事がない」状態であればお店は経営していけません。
あなただけの事を考えると確かに「暇なお店でお金貰えてラッキー」となるのですが、そんなうまい話はあり得ません。

お客様が付かなくても保証してもらうにはある一定の条件がある

では、風俗店の最低保証制度というのは嘘なのでしょうか?

いえ、これも嘘ではなく本当です。
ただし、多くの風俗店にはこの最低保証制度を受けるための条件を設けています。
例えば「顔出ししてネットの広告塔になって欲しい」とか「風俗での実際のプレイ動画をネットに上げて欲しい」とか「あなたの魅力的な動画をネットに上げて欲しい」とかそういった感じの条件が殆どです。
あなたがお店に行って売上を上げることが出来ないのであればお店側も経営が出来ないので困ります。
なんとかお客様を連れてきてもらう事を考えなければいけません。
であれば、キャストであるあなたを上手く利用して「お店の宣伝をしよう!」と考えるのが普通ではないでしょうか?
あなたに「最低保証金」という名目でお金を払って客寄せのための広告塔になってもらう。

それが風俗店の狙いです。
もちろん、あなたが広告塔になる事でお客様の目に留まりやすくなるので指名してもらえる可能性も高くなるかもしれませんね。
ただし、「身近な知り合いに黙って風俗で働いている」というのであれば問題がありそうですよね。
顔出しをしてネットにアップされるという事は「私はいつも風俗嬢の仕事をしています」と全国中に行ってしまうのと同じ。

親や兄弟、友人、恋人にも確実にバレてしまう恐れがあるでしょう。
最低保証というのは「嘘」ではありませんし「本当の事」です。
ただ、その保証してもらえる条件をきちんと確認して納得した上で求人に申し込む必要がありそうです。

祝い金や最低保証の付いた求人のからくり

殆どの風俗の求人には「祝い金」や「最低保証」があることを明記してあります。
少しでも条件のいい求人を出しておかなければレベルの高い女の子を集めることは難しいからです。
他店よりも少しでもいい条件の求人にする。
ぱっと見、「これって本当なの?」と思いたくなるような魅力的なフレーズでお金を求めている女の子たちをおびき寄せようと必死。
レベルの高い女の子が集まればお店の人気も安定して売上も利益も確保できます。
ただ、売上も利益も出ていないうちからその「祝い金」や「最低保証金」を支払うには無理があるでしょう。
魅力的なフレーズで魅力的な女の子を集めて、沢山稼いだ後に「祝い金」といったボーナスを払う。

もしくは、「お客様を呼べないんだったらお金あげるから自分で宣伝してよ」と言って最低保証金という名の時給をあげて女の子にお店の宣伝をさせようというからくりです。
ただ、この考え方はビジネスでは真っ当な考え方でまったく嘘ではありません
儲かってもいないうちからいきなりお金をくれるお店の方が「これ本当?」と疑ってかかる方が無難でしょう。

結局お金にならなければお店も困るということ

風俗店はあなたを「商品」として雇っています。
口には出さないかもしれませんが、あなたは従業員であり「風俗店の商品」になります。
となれば「儲けにならない商品はなんとかして儲かるようにしたい」と考えるのが普通のビジネスの考え方。

どうやってあなたの事を売り込むのか?
お店側も必死に考えます。
もしくは、もっと必死にあなたを頑張らせるために「祝い金」というなのボーナスをちらつかせてとにかく長時間出勤してもらえるように交渉してきます。
「えーー、求人に祝い金がすぐに出るって書いてあったのに!嘘じゃん!」

とか、「最低保証の額が魅力的だったのに顔出しで宣伝しないといけないとか、、無理だし、、」
となってしまうのは事前に条件をきちんと確認しておかなかったあなたに責任があるとも言えるでしょう。
何度も言いますがあなたが風俗店でお金を稼ごうと思えばあなたは「いい商品」になっていくしかありません。
それが出来て初めて「毎日〇〇万円稼いでます!!」と言えるお金持ちになれるのです!

そんなにうまい話は風俗業界でもあり得ません

風俗業界以外でもビジネスでは「うまいは話」ほどどこかに落とし穴があるのが付き物です。
魅力的な仕事だと思って請け負ったら実はかなり厄介な仕事で苦労してしまった。
とか、超高額なアルバイトだったから受けてみたら実は「犯罪の片腕を担がされていた」とか。

結局のところ世の中に「楽して簡単に儲かる事」などあり得ないのです。
楽して簡単に儲けているように見える人ほど陰では恐ろしいぐらいの努力をしています。
風俗業界でも一緒。
沢山の指名客を持つ風俗嬢はその地位を得る為に多くの仕事をこなし、仕事の精度を高め、自分の体をきれいに保つ努力をして、自分がより魅力的な商品と見てもらえるように頑張っています。

たった数日風俗の仕事をしたからって簡単に多くのお金を手にすることは出来ないのです。
風俗業界には確かに多くの嘘っぽい情報があるかもしれません。
どこまでが本当でどこからが嘘なのかを風俗店の条件をしっかりと聞き出しあなた自身が見極める必要があると言えるでしょう。
風俗店も「騙したくて騙している」わけではないのです。

後でもめない為にも事前に条件をしっかり確認しよう

というわけで、今回は「風俗の求人に載っている祝い金や最低保証金は嘘なのか?
本当なのか?」を掘り下げてまとめてきました。

ここでとても大切なことは「その祝い金や最低保証金はどうやったら貰えるのか?」という条件を面接時にしっかりと確認することと
「あなたはその提示された条件を受け入れて納得して働けるのか?」ということです。

事前に風俗店側とよく話し合いを行っていないが為に後になって「最初と話が違う!」ともめてしまって何が嘘で何が本当か分からなくなってしまうのです。
もしあなたが風俗店で「より良い条件で沢山稼ぎたい」と考えているのであればまず間違いなく「求人に書いていある内容の条件等の確認」をぬかりなく行っていくことが最重要だと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました