風俗で働くとバンスという制度で給料前借りも出来ちゃう!

稼ぎ・給料

風俗で女性が働く理由とは一体何でしょうか?
その第一位は何と言っても「お金」です。
とにかく早くお金を稼いでしまいたい。
というのが一番。
でも、「毎日毎日借金取りから催促の電話がうるさくて困る、、」
というかたもいらっしゃるでしょう。
そんな「本当にお金に困った方の為にある制度」がバンス制度と呼ばれるものです。

いわゆる、風俗店から給料前借りさせて!という制度なのですが、バンスは一体どんなお店で使えてどんな条件があるのでしょうか?
今回はその「バンス」について詳しく書いていきたいと思います。
結論から言うと、、「大手グループではあなたの信頼度に応じて給料の前借りは高確率でしてくれる」ということです。
借金返済の催促から逃げる為にも有効的に風俗店とバンス制度を活用して仕事に集中できる環境を整えましょう。

バンスとは一体何なのか?

バンスと言うのは「給与の前借り」だと書きました。
英語で前借りを書くと「advance」です。
アドバンスの「バンス」を取って「バンス制度」と風俗業界では一般的に言われています。

求人票を見て「バンス制度あります」と書いてあれば「給与の前借りが出来るお店なんだな」と思って頂ければOK。
ただ、給与の前借りと言うと裏を返せば「風俗店からの借金」という事になるのでタダでは貸してはくれません。
お店によっては様々な条件をクリアした嬢のみバンス制度を利用することが出来ます。
また、全てのお店でバンス制度を行っているわけでは無く、大手の風俗グループでしか行っていないことが殆どです。

真剣にお金に困っていて夜も眠れない状態」であるのであれば、風俗店に勤めてバンス制度を上手く活用することも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

どんな時にバンスを使えるのか?

では、どんな時にバンスが使えるのでしょうか?
それは「本当にお金に困って仕事に集中できない時」だったり、「身内にバレないように借金を返済したい時」のような「急を要する時」です。

様々な条件があることが多いですが、驚くことに「その風俗店に入店したてでも」バンスを使うことが出来るお店もあります。
風俗店からしたら「貸付金」になるのですから、その嬢がきちんと返してくれなければ「不良債権」になってしまいます。
それでも、一部の風俗店ではそのリスクを取ってでも「バンス」で給与の前借りを行ってくれます。
本当にお金に困って一瞬でも早く現金を手に入れたいと思う女性にピッタリの制度でしょう。

とにかくスピーディーに現金を手に入れることが出来るのがバンスの魅力と言えるでしょう。
バンスは基本、「いつでも使えます」

バンスを使わせてくれるお店はどんなお店?

ではバンスを使わせてくれるお店と言うのはどんなお店なのでしょうか?

それは「大手の風俗グループ」が殆どです。
中でも「デリヘル」や「ソープランド」系の風俗店ではバンス制度がある場合が多いと言えるでしょう。
大手の風俗グループでなければバンス制度がない事は多いのですがそれはどうしてか?
風俗嬢に「ほぼ無償」で貸し付けを行うわけですから「返済」してくれなければ風俗店は大損になります。

資金力に余裕のある大手風俗グループにのみバンス出来るだけの余裕があると言えるでしょう。
また大手の風俗グループであれば働く際の労働条件もそこまで悪くは無いのが普通ですので「どうしてもお金に困っていてすぐに風俗で結果を出したい」と思われる女性は大手風俗グループに入られることをおすすめします。
バンスで借りられる金額は大体が10万円から多くて30万円程度。
そのため、かなりの時間を風俗店に勤務しなければ返せなくなりますし、一度のプレイでの手取りが多い「デリヘル」や「ソープランド」で働かなければ返済に苦労するでしょう。

そのため、「デリヘル」や「ソープランド」ではバンス制度を設けているお店が多いのです。
ソフトサービスのお店ではなかなかない制度だと言えます。
求人を見て「バンスあり」「バンス可」とか「給与前借り制度あり」と書いてあるお店はバンスが出来る風俗店だと認識してください。

バンス制度を使うには条件があるのか?

と言っても、「誰にでも無条件」で給与の前借りをさせてくれるわけではありません。
バンス制度を使って給与の前借りを行うにはある一定の条件があることが殆どです。
それでは具体的にどんな条件があるのかを書いてみましょう。

「全額返済するまでお店を辞めない事」
「週に3日以上の勤務」
「最低でも6時間の出勤と待機」
「オープンからラストまで出勤」などです。

どれも当たり前の事のようですが具体的に書いていくと、、「全額返済するまでお店を辞めない」
これは当たり前ですよね。
お店で一生懸命働いてお金を稼ぐことを目的としてバンス制度を使うので辞められるわけがありません。
「週に3日以上の勤務」

こちらも同じです。
本当にお金に困っているのに「週に3日も働かないの?」となってしまいます。
本気で働いて返済する気があるのであれば毎日のように仕事をするのが当然でしょう。

「最低でも6時間の出勤と待機」
風俗店の中には「お客様が多い人少ない日の差」が大きく分かれるお店が殆どです。
お客様が多い日はあなたの売上もあがって「手取り」も増えるので稼げます。
しかし、お客様が少なければお金を稼ぎにくい。

ということでなかなか長時間の出勤をしない嬢もいるわけです。
でも、お店としては「長時間待機」をしてくれる嬢がいなければ折角のお客様を逃してしまう事もあるでしょう。
そこでバンス制度を使って前借りするのであれば「なるべくお店に長時間いてね」というのが前提になります。
まあ、お店から借金をするので当たり前の事だとは言えます。

「オープンラストでの出勤のお願い」
これも同じような話ですが、お店の開店から閉店まで待機しておいてほしい。
ということです。
借金を返す気があれば間違いなく長時間の出勤も苦痛にはならないはずです。

さらには、「風俗業界経験があるか?」とか「きちんと会話が出来て一般常識があるか?」とか「数日間はお店に出勤してその勤務態度に問題はないか?」とか色々条件はあります。

他には「顔が可愛ければかなりの高確率でバンスさせてくれる」なんてのも風俗業界では有名な話。
その代わり、「借りたら返す」のが世の中の常識ですから、バンスした分の返済が終わるまでは絶対にお店から辞められませんのでご注意ください。
「私、30代以上だけど、、バンスするのは難しいのかな?」
と思われたあなた。
大丈夫です。
30代40代以上でもバンスすることは可能。

ただし前述したように「デリヘル」「ソープランド」で真面目に働き続ける必要があります。
家族にバレないように「借金の返済をしたい」と本気で思うのであればバンスを使ってスッキリ済ませてしまうのもアリかもしれませんね。
バンスをすると「お金を借りるってことだから利子も返さなきゃいけないの?」

とお考えのあなた。
基本的には「バンスに利子は尽きません。」
そう、無償で風俗嬢に貸し付けをしてくれるのがバンス制度。

無利子で借りれるなんてなんて素晴らしい制度なのでしょうか?
ただ、お店によっては利息が発生するお店もあります。
バンスをするまえに必ず「どのような条件で前借りできるのか?
利子の支払いの必要はあるのか?」などを聞いておくようにしましょう。
あとで「聞いていなかった」などと言ってもサインをしてしまうと引き返せません。
利子の支払い義務があるのであれば「法定内の利子」なのかどうかをきちんと確認しておく必要があります。

法定で定められている利子と言うと
元本が10万円未満の場合「1年間で20%以内の利子」
元本が10万円以上100万円未満の場合「一年間で18%以内の利子」
元本が100万円以上の場合「一年間で15%以内の利子」

となっています。
簡単に計算してみると、もしあなたが10万円をバンスによって前借りしたとすると、「1年以内に13万円返してね」と言われると「違法金利」になるという事です。
これは利息制限法という法律に抵触することになり、犯罪行為。
バンスで給与の前借りをする際には「どんな条件があるのか?」
「利子は払わなければいけないのか?」
「利子の額は法律で定められた範囲内の金額か?」をよくよく確認して書面にサインをするようにしてください。
もし、それ以上の条件で記載があればそのお店でバンスを利用することは絶対にやめましょう。
自分の身を守るためにも条件の確認は必須です。

信用はお金に変わるを表したバンス制度

風俗業界独特の文化、「バンス制度」ですが、よくよく見てみるとただの借金です。
ということはこれは風俗業界だけに限った話では無く経済では当たり前に行われている事なのです。
よく経済では「お金よりも大切なのは信用を得る事だ」と言います。
お金を集める前に「信用」を集めていなければあなたのところにお金はやってきません。

これは世の中の原理原則です。
毎日毎日仕事に遅刻してくる人間が「明日は絶対に仕事に遅れません」と言われてもあなたは信用できますか?
毎日ギャンブルに興じて大金をあっという間にすってしまう人間に「倍にして返すから10万円貸してほしい」と言われて素直に貸せますか?
人からお金を借りるという事はそういう事で、貸付金と言うのは「きちんとお金を返してくれそうな信用のある人」にしか貸さないものです。

風俗業界だけに限った話ではありません。
ただ、風俗業界でお金を借りやすいというのは「あなたが本気で働けば間違いなく返済できる見込みがあるから」です。
普通に会話も出来ずに、誠実さのかけらも見られない風俗嬢にそう簡単にお金は貸してはくれないものです。
本気でバンス制度を使いたくてお金に困っているのであればその誠意をきちんとお店側に伝えるべきでしょう。

ちなみに「信用」を得る為にバンスする際はあなたのきちんとした身元を調べられるはずです。
本名や住所や生年月日などを嘘偽りなく伝えましょう。
あなたの誠実ささえ伝われば「今からお金を稼いで店を支えてくれる風俗嬢」には心置きなく給与の前借りをしてくれるでしょう。
信用にお金が集まるという事を覚えておきましょう。

どうしてもお金がすぐに必要な時に風俗で働くとメリットが沢山

「どうしてもお金がすぐに必要な時」というのは人生において何度もあることでしょう。
「高価な買い物をしちゃって借金をしていたら返済できなくなっちゃった」
「ホストクラブに通いすぎて散財しちゃった」
「離婚して一人でなんとか稼がないといけなくなった」
本当に「自己破産する」か「風俗で働く」かの二者択一を迫られた時。
あなたはどうしますか?
自己破産で全てをゼロにしてもいいかもしれませんが、その「自己破産した」という過去は絶対に消えません。

もう、この先ずっとローンを組むこともクレジットカードを持つことも出来なくなるかもしれないのです。
そんな時に「やっぱり本気で風俗で働いてお金を返そう」と思うのであれば確実にバンス制度を使うメリットがあります。
これは、「風俗で働くことが出来る女性にしかないメリット」。
もちろん、「長く働いて稼いでもらいたい」という風俗店側の想いも透けて見えますがそこは「win&win」の関係。

どちらにもメリットがある話です。
いずれにしても借りてしまったお金は何とか返さなければいけません。
自己破産という最悪のストーリーを描く前に「風俗で一稼ぎしてみよう!」と思い立って行動することも実はメリットがたっぷりあるのかもしれませんね!
女性にしか使えないバンス制度はかなり有難い制度です。

バンスという前借り制度は風俗で働くメリットだった

というわけで今回は「風俗業界の給与前借り制度バンス」について書いてきました。
あなたが風俗で働きたいと思った時、それは間違いなく「もっとお金が欲しいから」という理由でしょう。
風俗で働いてそのお金で誰かを幸せにしたい」というのも同じ理由です。
もし、あなたに「身の危険があるほどお金に困っている」というのであれば風俗店に勤めてバンス制度を使わせてもらうのは決して悪い事ではありません。
風俗業界で働く女性の特権で、メリットばかりの制度といえます。
本気でお金を稼いで借金を返すつもりがあるのであれば今すぐ風俗業界でバンスを制度を使って働いてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました