風俗の新人期間はどうして稼げるのか?

稼ぎ・給料

世の中には無数の風俗店があります。
そこで働く女の子も常に変化して同じお店にずっと長くいるという選択はどんどん減ってきているとも言えるでしょう。
もちろん、同じお店に長くいれば「優良なお客様」と出会える可能性も高まったり「仕事に慣れてくる」というメリットもあります。
しかし、風俗では「新人期間にどれだけ稼げるかが大切」という噂があるのも事実なのです。
今回は「どうして風俗の新人期間は稼げるのか?」と「結局どうやって稼ぐことが理想的なのか?」にスポットを当てて書いていきたいと思います。

結論から書きますと、「新人期間で稼げることは間違いないけれどその後に繋がる方が大切」ということです。
要は「どうやって風俗で稼ぐのか?」の考え方には色々ありますという事です。

風俗で新人期間はどれくらい?

風俗で「新人期間」というとどれくらいの期間なのでしょうか?
大体一般的には入店から数週間から2か月くらいを「新人期間」と言います。
他の風俗のお店で働いていてそのお店に転職して来たとしてもそこからがスタートで「新人期間」が始まります。
この新人期間の間は「体験入店期間」としているお店も多く、「まだお店に慣れてない初心な風俗嬢ですよ」としてお客様に売り込んできます。
まだ慣れていないという事でサービスの質も多少問題があったり、緊張してサービスを上手く行えないなどの問題があるかもしれませんと事前にお客様に伝えることが出来るので双方にとって「体験入店期間」や「新人期間」を明確にしておくことは有用だと言えます。

新人期間や体験入店期間では「今までに経験もした事のないことばかり」で楽しくもあり、辛いこともあるのかもしれませんが、逆に「多くのお客様と触れ合いやすい」期間になります。
今までに経験したことがないというのは新人期間の風俗嬢にとっては大きな武器なのです。

風俗で新人期間が稼ぎやすい理由

風俗では一般的に新人期間が最も簡単に稼ぎやすいと言われています。それは本当でしょうか?その理由としては大きく分けて2つあります。
一つ目は業界未経験の女の子としてお客様が認識しやすいから。もう一つは「そのお店の常連のお客様が大体新人の女の子を選んでみるからです。

つまり新人期間の2週間から3か月くらいまでは「ビギナーズラック」の期間なわけです。新しく始めたら意外と簡単に稼げちゃった!という新人特有のラッキー期間を味わえます。

世の中の男性と言うのは「より風俗に染まっていない女性とのプレイ」が大好きです。素人系の女の子をなるべく選びたがります。もちろん、「デリヘルを知らないんだったら本番も安易にさせてくれれかも?」なんてあらぬ期待を持って新人期間の女の子を選びます。

ただそこであなたが風俗嬢なり立てでそのお店で「もっと稼ごうと思う」のであれば注意が必要です。
「新人期間」を過ぎるとあなたへの指名はガクンと落ちてきます。新人期間のビギナーズラックはそう長くは続かないものです。
指名が減るという事は売り上げも落ちて収入も減るという事。新人期間の間がかなり大事な期間なのです。

体験入店で新人期間に稼ぎ続ける

新人期間の事を「体験入店」とよく風俗業界では言います。
体験入店期間は「お試し期間」。あなたが風俗業界に向いているのか向いていないのか?そのお店に勤めるのに向いているのかいないのかを見極める期間となります。
風俗経験のある女の子でもお店が変わったり業種が変わったりするとななかなか慣れるまで時間が掛かるものです。
その期間が「体験入店期間」となり、その初々しい女の子の立ち振る舞いを好む男性はかなり多いと言えます。
より多くのお客様と出会いやすい体験入店の期間にどれだけお客様に気にって貰えるのかがかなり重要になるでしょう。

他店舗でも短期間だけ勤めてさらにお店を転々と移り変わる女の子の事を「転々虫」といいますが、その転々虫状態になってしまうとお客様に「古株」だと思われやすくなるので注意が必要です。

新人期間を過ぎて稼げなくなった時はどうするのか?

新人期間や体験入店期間を過ぎて「稼ぎにくいスランプの状態」にあなたが陥ったらどうすればいいでしょうか??
そのお店で自分を指名してくれるお客様を確保できていなければあなたの売上はどんどん落ちて行ってしまうかもしれません。

その場合、「お店を敢えて辞めてしまう事」も方法の一つです。
いわゆる「自ら転々虫になって体験入店を繰り返し続ける」ということ。

その場合のメリットとしては他店でも「体験入店の看板」を再度使うことが出来るのでお客様を再度集めることが出来るでしょう。
ただし、同じエリアの近隣のお店で転々虫を続けているとお客様にもバレてしまいあなたのイメージが悪くなってしまいます。
転々虫状態になると「ずっと出勤している状態」にもなりかねません。
その鬼出状態になるとこれまたお客様は「あの女の子よっぽどお金に困ってるんだな」とイメージダウンを更に招いてしまう恐れがあります。

転々虫で稼げるところまで稼いでもいいですが、もしあなたが「一つのお店で末永く多く稼ぎたいと思う」のであれば、体験入店期間や新人期間によくお客様に気に入ってもらえる質の高いサービスをして優良なお客様をゲットしておく必要があるでしょう。風俗で稼げるか稼げないかを決める大切な期間は「新人期間」だったのです。

同じお店で優良なお客様を確保するのが理想

同じお店でいいお客様からの指名を獲得するとどんないいことがあるのでしょうか?例えば、「長時間のセットを選んでくれて売上を作りやすい」とか、「長時間のセットを入れてくれると待機中の時間を減らすことが出来てコスパが良くなる」とか、「優良なお客様と何度もプレイするうちに気心の知れた関係になりやすい」とか様々なメリットがあります。

もちろん、世の男性型は「せっかくお金を払うんだったら今まで知らない女の子とプレイを楽しみたい」と思う人の方が多いでしょう。
しかし、あなたが優良なお客様に質の高いサービスをし続けることが出来ていれば「是非あの女の子を指名したい!!しかも長時間!」と言って頂くことが出来るようになるでしょう。

60分1セットのお客様を2人、2回相手にする労力よりは1人のお客様に120分のセットを入れてもらい売上を作る方があなたにとってはかなり合理的です。
お客様ともより親密な関係になれますし、プレイを始めるまでの時間やプレイ後の時間を最大限まで抑えることが出来ます。

その時間を使ってさらにお客様と仲良くなり、今後の指名を獲得するのにも繋がりやすくなるでしょう。そのためにもあなたは「新人期間」や「体験入店の期間」にあなたの魅力を最大限にお客様に伝えていく必要があるのです。
最初の3か月目までが勝負となります。

風俗の新人期間はやっぱり魅力的だった

というわけで今回は「風俗の新人期間や体験入店期間は本当に稼ぎやすいのか?」ということをテーマに書いてきました。

この通り、風俗に勤めるにあたって素人が一番稼ぎやすい期間は「新人期間」であると言えるでしょう。
ただ、その新人期間の内が「稼ぎやすい」からといって質の低いサービスをし続けてはいけません。
あなたがより多くの大金を「もっともっと楽に稼げるかどうか」は新人期間の3か月間に掛かっていると言ってもいいでしょう。
魅力的な新人期間を全力で勤めて大きく稼げる風俗嬢になりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました